あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2021/11/18 - story

スムーズな家事動線でストレスフリーに。笑顔広がるマンションリノベ

札幌市・夫婦、子ども1人

忙しい日々を少しでも快適に過ごすために必要な家づくりの工夫はさまざまありますが、特に重要なのが「家事動線」です。古い住宅は昔ながらの間取りが多く、なかなか今の暮らしにフィットしません…。そこで今回は、中古で購入したマンションの間取りと家事動線を一から見直してリノベーションしたAさんのお住まいを、プランの工夫とともにご紹介します。

築17年の中古マンションを見つけて購入を決めたAさんご夫妻は、「リフォームした住宅を実際に見てみたい」と、会社探しを兼ねて当社の完成見学会にお越しくださいました。プランでは主に「家事動線を改善すること」、「キッチンに立っていても、洗濯をしていても、お子さんの姿に目が行き届くこと」、「収納の充実」の3つが大きなテーマになりました。

そこでまず、リビングが見渡せない配置で壁付けだったキッチンを、対面式のオープンキッチンに変更して、場所も移動。勾配を要する排水管を、床高を上げずにどう配備するかが課題でしたが、施工面の工夫で解決し、思い描いたとおりのレイアウトを実現しました。キッチン横のパントリーは、なるべく短い動線でキッチンへ荷物が運べるよう、玄関のシューズクロークとつなげ、買い物から帰ったらパントリーやキッチンへ直行できる動線としています。

壁付けだったキッチンを対面式のオープンキッチンに。リビングやダイニングの様子が一望できる

壁付けだったキッチンを対面式のオープンキッチンに。リビングやダイニングの様子が一望できる

キッチンはゆとりの広さで、収納スペースもたっぷりと確保

キッチンはゆとりの広さで、収納スペースもたっぷりと確保

キッチンの奥にあるパントリーは、シューズクロークと直接つながる設計

キッチンの奥にあるパントリーは、シューズクロークと直接つながる設計

買い物をして帰ってきたら、玄関に入ってすぐ右手のシューズクロークから、パントリーやキッチンへ直接アクセスできて便利

玄関に入って正面のシューズクロークから、パントリーやキッチンへ直接アクセスでき、買い物から帰ってからの動線がスムーズ

水まわりは「洗面・脱衣・洗濯スペースをそれぞれ独立させたい」という奥様の要望を満たしたうえで、以前は物入れでふさがれていた壁をなくし、ぐるりと回遊できる動線を設けました。使い勝手の面から、洗面台はリビング手前の廊下に配置。洗濯物がたっぷり干せる広いランドリースペースには、リビングにいるお子さんの様子がわかるよう、インテリアとしてもかわいい室内窓を採用しました。洗濯物を干しているときにこの窓を開けると加湿器代わりになって、冬場の乾燥対策としても役立つそう。

廊下の一角に設けた洗面台。帰宅後、LDKに入る前に手洗いがしやすい

洗面のミラーキャビネット下の壁は、シンプルながら個性が感じられるデザインのタイル(平田タイル「ニードル」)で仕上げた

洗面のミラーキャビネットの上下の壁は、シンプルながらデザインの個性が光るタイル(平田タイル「ニードル」)で仕上げた

洗濯物がたっぷり干せるランドリースペース。小窓を開ければ、リビングのお子さんの様子もうかがえる。右奥は、脱衣スペースの入り口

洗濯物がたっぷり干せるランドリースペース。小窓を開ければ、リビングのお子さんの様子もうかがえる。右奥は脱衣スペースの入り口

ミントグリーン色に仕上げた室内窓は、インテリアのアクセントにも

ミントグリーン色に仕上げた室内窓は、インテリアのアクセントにも

ランドリーの隣には、壁面を生かしたこもり感のあるデスクコーナーを設置しました。いずれはここを、お子さんの勉強場所にする想定です。その背面には、お子さん用のクローゼットを造作。「自分で身支度ができるように」というご夫妻の希望を反映し、ポールを子どもでも手が届く高さにしてあります。さらにその奥には、家族用の広いウォークインクローゼットを配置。ランドリースペースから近く、洗濯物の収納に便利です。

リビングから少し奥まったところに、デスクコーナーを造作。適度なこもり感があって、勉強や作業に集中しやすい

リビングから少し奥まったところに、デスクコーナーを造作。適度なこもり感があって、勉強や作業に集中しやすい

デスクコーナーの奥に家族のウォークインクローゼット。ランドリースペースから近く、衣類の収納に便利

デスクコーナーの奥に家族のウォークインクローゼット。ランドリースペースから近く、衣類の収納に便利

奥様との打ち合わせの中では、例えば、洗面のミラーキャビネットの裏に、パントリーにつながる穴を開けてキッチンと洗面で共用の洗剤等を置いておけるようにするなど、効率的な家事や子育てにつながるアイデアも頂戴して、楽しくお仕事をさせていただきました。内装などの雰囲気もとても気に入っていただき、心地よい空間で毎日を快適に過ごされているそうです。

Aさんより

長男が小学校に上がるまでには家を持とうと夫婦で話していました。全体的な家事動線がとても良くて助かっています。特にランドリースペースは本当にいいですね。洗う・干す・片付けるがラクにできて、洗濯のストレスがすごく減りました。ランドリーからすぐの位置にウォークインクローゼットや、玄関側の廊下につくっていただいた容量たっぷりのクローゼット、寝室近くの納戸など、片付けの動線もとても便利です。細かな部分への気配りが素晴らしくて、私たちの思いを上手に設計に組み込んでくださいました。おかげさまでとても快適に暮らしています。

走出 智美
profile
走出 智美 Satomi Sode
設計・建築パース
二級建築士
札幌市で戸建てやマンションのリノベーションをはじめ、住宅の新築やリフォームを手がけるSAWAI建築工房では、私のほか複数の女性プランナーが、ご家族のライフスタイルに合わせて、アイデアあふれる機能的で心地よいデザインの住まいをご提案しています。詳しくはこちらのホームページをご覧くださいね。