あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2020/05/27 - story

テレワークもしやすい!若いご夫婦の住環境改善マンションリノベ

マンションは、戸建てに比べるとリノベーションをするのに制限が多いですが、インテリアのほか温熱環境や間取りなど、工事によって生活を根本から改善できる可能性を秘めています。今回は、ご主人のお父様が賃貸に出していたマンションの入居者が退出したのを機に、リノベーションして新居にする選択をしたKさんご夫妻を例に、マンションリノベでできる環境改善の工夫を見ていきましょう。

まずは、間取りの工夫から。間取りについての具体的なご要望のひとつが、リビングの一角に設けたご夫婦が二人並んで使えるワークスペースでした。前面にはリビング側からもデスク側からも使える棚付きのデザイン壁、背面には大容量の本棚を設置し、機能性とデザイン性の両方を持たせています。デザイン壁の上部は開けているので、集中しやすいこもり感はありながらも、圧迫感がありません。このようなつくりだと、夫婦2人でテレワークでも、1人はワークスペース、1人はダイニングと程よく離れて仕事ができて、集中しやすそうです。

二人並んでも使えるゆったり設計のワークスペース。大容量の背面収納がとても便利

二人並んでも使えるゆったり設計のワークスペース。大容量の背面収納がとても便利

グリーンのデザイン壁が、空間のインテリアのアクセントに。ワークスペースとリビングを程よく仕切る

グリーンのデザイン壁が、空間のインテリアのアクセントに。ワークスペースとリビングを程よく仕切る

壁が多いと圧迫感を感じやすいので、明るくオープンで気持ちのよい間取りに見直すのが、生活空間の改善には効果的です。このお住まいの場合は、もともと和室だった部屋とキッチンの間の壁をすっきり取り払いました。そして閉じていたI型キッチンをオープンなL型キッチンに変更することで、見通しが良く気持ちのよいダイニングキッチンが生まれました。隣り合うリビングとも一体感があります。家事動線もスムーズで、お互いにコミュニケーションが取りやすくなったとご夫妻はいいます。

リノベ前は、リビング・ダイニングの隣に和室と独立したキッチンがある間取りだった

リノベ前は、リビング・ダイニングの隣に和室と独立したキッチンがある間取りだった

和室があったところにダイニングと小上がりの和室を設け、和室とキッチンの間の収納と壁をなくして、オープンなキッチンを実現した

和室があったところにダイニングと小上がりの和室を設け、和室とキッチンの間の収納と壁をなくして、オープンなキッチンを実現した

I型の壁付けで閉じた空間だったキッチン

I型の壁付けで閉じた空間だったキッチン

L型のキッチンに、収納棚にもなる造作カウンターを組み合わせた。背面収納も同じ仕様で造作し、統一感のある使い勝手のいい空間に生まれ変わった

L型のキッチンに、収納棚にもなる造作カウンターを組み合わせた。背面収納も同じ仕様で造作し、統一感のある使い勝手の良い空間に生まれ変わった

ダイニングの一角を小上がりの和室に。段差がダイニングのベンチ代わりになる。小上がりは畳敷きで、ごろごろ寝転がっても気持ちいい

ダイニングの一角を小上がりの和室に。段差がダイニングのベンチ代わりになる。小上がりは畳敷きで、ごろごろ寝転がっても気持ちいい

温熱環境の改善も、リノベーションでは大きなテーマになります。このマンションは、空気がよどみやすく湿気がたまりやすいつくりでカビも生え、工事前は床や壁がひどく傷んでいる状態でした。カビはダニやアレルギーの原因になり、カビの元となる結露が発生しやすい室内環境は、残念ながら住み心地が良くありません。

工事前の室内の様子

工事前の室内の様子

そこでこの住環境の改善を大きな目的に、床や壁の断熱改修やカビの撤去を行いました。断熱材や断熱塗料の施工と同時に、全室の内窓をLow-Eペアガラスのサッシに変更。空気の流れを良くするために壁を取り払ったり、ウォークインクローゼットの上部に開口部を設けたりして、長く快適に暮らせるようにさまざまな工夫をしました。

床や壁には、断熱材を入れたり断熱塗料を塗ったりして断熱性能を向上。すべての部屋の内窓はLow-Eペアガラスのサッシに取り替えた

クローゼットの上部を開けて、空気が循環しやすいように工夫

ウォークインクローゼットの上部を開けて、空気が循環しやすいように工夫

冬場の冷気の影響を受けやすい玄関ホールには、コート掛け付きのパネルヒーターを設置して、室温のムラを緩和

冬場の冷気の影響を受けやすい玄関ホールには、コート掛け付きのパネルヒーターを設置して、室温のムラを緩和

的確な収納計画も、快適な住まいに欠かせないエッセンス。Kさんのお住まいでは、玄関脇に自転車が置ける収納スペース、ダイニングの小上がりの畳下には布団収納、ダイニングにはキッチンと高さを揃えた造作収納と、適材適所の造作で収納を充実させています。

自転車が置ける玄関脇の広い収納スペース。納戸のような機能も備えている

自転車が置ける玄関脇の広い収納スペース。納戸のような機能も備えている

洗濯機置き場の上部には、タオルを収納できる棚を造作。ちょっとした飾り棚があるのも意外と便利

洗濯機置き場の上部には、タオルを収納できる棚を造作。ちょっとした飾り棚があるのも意外と便利

リノベーションを終えてご夫妻からは「暮らしが楽しくなる、居心地の良い住まいになりました」とのご感想をいただきました。見た目をきれいにすることに加えて、温熱環境や収納計画、間取りまでトータルに見直すことで、暮らしやすさは劇的に変わります。戸建てリノベよりは制限のあるマンションリノベでも工夫次第でさまざまな改善ができますので、今のお住まいに不便や不満を感じていらっしゃる方は、お気軽にご相談くださいね。