あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2020/02/25 - story

夫婦2人暮らしの「戸建てリノベ」いろいろ。

リフォームやリノベーションをお考えの方のなかには、世代を問わず夫婦2人暮らしという世帯もそれなりにたくさんいらっしゃいます。そこで今回は、「戸建ての持ち家」をリノベーションした3組のご夫婦宅のリノベーション事例をご紹介します。

明るい家で、気分も明るく。
室内に光を採り込む工夫を随所に

古い戸建て住宅は一般的に、間仕切り壁がいっぱいあって室内が薄暗い場合が多いですが、札幌市のTさんご夫妻のお住まいも、全体的に閉じて薄暗い印象でした。「独立したキッチンをやめて、開放感のあるLDKにしたい」という奥さんのご要望もあり、キッチンの壁を取り払ってひとつながりの広々としたLDKを実現した様子がこちらです。

工事前のリビング

間仕切りをなくして明るく広々としたリビングに大変身

独立していて狭かったキッチンを、収納を兼ねたカウンター付きのキッチンに。LDK全体が明るくなりました。パステルカラーがきれいなピカピカのキッチンに、日々料理に向かう気持ちも変わりそうです。

工事前のキッチンまわり

狭かった独立型のキッチンをオープンなキッチンに。壁を取り払って設備を入れ替えるだけで、まったく異なる装いに生まれ変わる

暗さの悩みは玄関まわりも同じ。そこでリビングの光を間接的に採り込めるように、壁にガラスブロックを入れました。また光を遮っていた玄関収納を上下に分かれたセパレートタイプに入れ替え、外の光が玄関に射し込むよう工夫しました。

左:リビングと玄関を仕切る壁にガラスブロックを埋め込んだ 右:玄関収納を入れ替えて、玄関に光が入るよう工夫

「ちょっとした工夫でいろいろ改善されたなぁと感心しています。息子たちが独立し、わたしたちも老後をイメージできる年代になった今が、リノベーションにはちょうどいいタイミングでした」とTさん。悩みだった結露の解消や、将来に備えたバリアフリー化もできて、子育てが一段落したTさんご夫妻のこれからの暮らしにぴったりのリノベーションになりました。

集めた本は数千冊!整理がしやすい収納で、
大好きな本を満喫できる暮らしを実現

「コレクションしたものがたくさんあるけど、収納場所がないからダンボールに入れっぱなし…」ということ、ありませんか?札幌市のHさんは、まさにそんな悩みを抱えてらっしゃいました。集めていたのは「本」で、蔵書は数千冊というから驚きです。「大半が箱に入ったまま。また既製の本棚では収納しにくい文庫本がたくさんあるので、上手に整理できる収納がほしい」というのが、Hさんのご要望でした。

そこでリノベーションにあたっては、キッチンの奥に設けた「書庫」に膨大な蔵書のほとんどを集約。コの字に配置した造作本棚の下には、数千冊の文庫本や新書が収納できる引き出し式の造作本棚が11本収まっています。書庫以外に2階ホールやご主人の書斎にも書棚を設け、家の中のそこここに本の居場所をつくりました。

膨大な数の蔵書をわかりやすく整理できるオーダーメイドの書庫

2階ホールやご主人の書斎にも書棚を造作した

「見たい本がすぐに手に取れるようになり、とても便利です」とHさん。私設図書館のような特別な場所が家のなかにできたことで、25年暮らした慣れ親しんだ家にさらなる愛着が生まれ、夫婦2人での豊かな老後につながりそうです。

実家リノベで住まいのデザインを一新!
愛犬との暮らしを楽しむ

年齢とともに好みは変わり、トレンドも移り変わります。またペットを飼い始めたりすると、家に要求される機能も変わることがあります。2匹の愛犬と築30年の戸建て住宅に暮らすKさんご夫妻の希望は「広いLDKのある、愛犬も暮らしやすい家」でした。

そこで暗い独立式キッチンや、物置のようになっていた和室の壁や柱をできるだけ取り払って、モノトーンに統一した広いLDKを実現しました。愛犬2匹のために床はメンテナンスしやすく、犬の足にも優しいソフトタイルを使用。また、階段下はあらかじめ置く家具を想定してから設計し、階段のカーペットはその色味に合わせて赤系を選び、1階とは異なるポップな印象に仕上げました。

工事前のリビング

モノトーンで統一したスタイリッシュなLDKに様変わり

工事前の、暗かった独立式の壁付けキッチン

オープンで明るい対面キッチンに改善。曲線の美しいカウンターは造作した

階段下のデッドスペースを既存の家具置き場に。カーペットを敷き込んだ階段は滑りにくく、愛犬も上り下りしやすい


戸建て住宅は、工法にもよりますが、一般的にマンション以上にリフォームやリノベーションで改善できることが多く、「古くてやりようがなさそう」と思っても、想像以上のポテンシャルを秘めている場合があります。

今お住まいの戸建て住宅で悩みや困っていることがある方は、自分たちの今やこれからのライフスタイルの希望を考えて相談すると、思いがけない住まいの姿が浮かび上がってくるかもしれませんよ。