あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2019/02/25 - story

住み替えで実現。「楽しい老後」のための家

私たちのお客様の中には、転勤や暮らしの変化などさまざまな理由で、家の住み変えを経験してきている方々がいます。今回ご紹介する札幌市のYさんご夫妻は、戸建て、マンションとこれまで3度もの住み替えを経験してこられました。

60代のYさんご夫妻が4度目の住み替えのテーマとしたのは「楽しい老後」。「これからは在宅介護が当たり前の時代。万が一のときにも介護がしやすく、2人で寝られるほど余裕のある、2部屋分くらいの広い寝室が欲しい」、「いずれ運転免許を返納しても、車無しで便利に楽しく暮らせる環境が必要」という2つの点を重視しました。Yさんが見つけたのは、駅から近く眺望もいい築15年の中古マンション。「雨の日も傘なしで街中まで行ける」環境を手に入れました。

Yさんご夫妻が希望する「楽しい老後」を叶える住まいに再生するのは、私たちの仕事です。もともと4LDKで個室がいくつもあった間取りを、家事動線や暮らしやすさに注目して見直しました。それぞれの空間の役割を考えながらプランニングを進め、完成したのがこちらのお住まいです。

広々としたLDK

LDKは、以前和室だったスペースの一部も取り込んで、ゆったりとした広さを確保

テレビまわりはアクセントウォールで

ブラックウォールナットの羽目板でつくったアクセントウォールが、空間を落ち着いた印象に

Yさんご夫妻の場合、奥様が家で過ごす時間が長いということで、特に家事動線や内装のデザインは奥さまの使いやすさや好みを考えてご提案しました。例えば冷蔵庫横の引き戸を開ければ、キッチンから洗濯室兼ストックルームにそのままアクセスができ、家事動線がとてもスムーズ。キッチンをはじめ水まわりには優しいトーンのタイルを用いて、明るく上質な空間に仕上げています。

デッドスペースまでも有効利用した美しいデザインのキッチン

デッドスペースまでも有効利用した美しいデザインのキッチン

冷蔵庫横の引き戸を開けると、洗濯室兼ストックルームにつながる

冷蔵庫横の引き戸を開けると、すぐ裏が洗濯室兼ストックルーム

収納を造作してつくった洗濯室兼ストックルーム

洗濯室兼ストックルームは、明るくゆとりの広さ。天井には洗濯物を干すための設備を組み込んだ

造作収納の一部は、ビューローデスクのような仕様で、棚の扉がテーブルとして使える。アイロンがけや畳み作業に便利

造作収納の一部は、ビューローデスクのような仕様で、棚の扉がテーブルとして使える。アイロンがけや畳み作業に便利

キッチンに使った、色ムラ感に味わいがあるスペイン製のタイル

キッチンに使った、色ムラ感に味わいがあるスペイン製のタイル

洗面化粧台にあしらったモザイクタイルも優しい風合い

洗面化粧台にあしらったモザイクタイルも優しい風合い

トイレの壁は、淡いブルー色のサブウェイタイルでアクセントウォールに

トイレの壁は、淡いブルー色のサブウェイタイルでアクセントウォールに

また、リビングの窓側には鉢植え収納を組み込んだカウンターを造作したり、「テレビなどの配線をすっきりさせて、お掃除の手間も減らしたい」との要望を叶えるために、配線を隠せるよう造作収納に仕掛けを施したり、より心地よく暮らせるための工夫をさりげなく散りばめました。

鉢植えを置かないときには、カウンターとして使える

鉢植え収納を組み込んだカウンター

配線ボード

造作のTVボードには配線を隠して掃除がしやすいような工夫を

「楽しい老後」のための備えも万全です。寝室は、2部屋分の広さでプランニングしました。必要に応じて間仕切りを設置できるように、天井に下地材を施工。廊下は車イスでの移動を考慮して幅を広く取り、壁には手すりが後付けできるように下地材を入れています。また広いトイレには、洗面台に代用できる大きめの手洗い場を設け、将来の暮らし方の変化に柔軟に対応できるよう配慮しています。

将来の在宅介護の可能性も考え、2部屋分の広さを確保した寝室

将来の在宅介護の可能性も考え、2部屋分の広さを確保した寝室

Yさんご夫妻からは「希望したことは100%叶えられました」と嬉しいお言葉をいただきました。新しい住まいが、お二人の「楽しい老後」を支えてくれることを願います。

Yさんより

リノベーションの依頼先を探すにあたっては、家づくりに関する本や雑誌を20冊程度読破しました。さらにネット検索でいいと思った10社の考え方や事例を熟読して3社に絞り、プランと見積もりを依頼しました。その中の1社がSAWAI建築工房さんでした。決め手は、間取りにほとんど手を加えない他社のプランに対して、弊社のプランは間取りの変更も含めた提案だったこと。そして何よりも、見積もりに「一式」という言葉がなく、詳細がとてもわかりやすかったことでした。使う建材を変更した際に、もともとの見積もりをベースに比較できるので明確で、安心でしたね。

こちらからは漠然としたお願いしかしませんでしたが、暮らしてみて、家事動線など女性目線で綿密に考えられていると感じます。特にキッチンの裏に設けられた洗濯室兼ストックルームは、洗濯から物干し、アイロン掛けまでできるので、とても便利です。お気に入りのステンドグラスも生かしてもらえて、これから安心して「楽しい老後」を過ごせそうです。

*さらに詳しく知りたい方は、こちらも併せてご覧ください!
 ▶ Y様邸のマンションリノベ事例

横沢 陽子
profile
横沢 陽子
Yoko Yokozawa
専務取締役
設計・営業プランナー/二級建築士