あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2021/08/25 - idea

暮らしを快適に!部屋別・役割別に見るさまざまな「造作棚」【2】

前回の記事「暮らしを快適に!部屋別・役割別に見るさまざまな「造作棚」【1】」では、玄関とリビング、キッチンまわりの造作棚についてご紹介しましたが、今回はその続き。私たちが手がけた住宅の実例から、かゆいところに手が届く、暮らしのニーズに合わせた造作棚を見ていきましょう。


「洗面・ランドリー」まわりの造作棚

家での時間を楽しむために、スムーズに家事ができる家づくりがますます重要視されています。その表れのひとつとして最近は、洗面脱衣室にランドリー機能を持たせた住宅が一般化しています。そこで活躍するのが造作の収納。洗剤や洗濯カゴなどを置く棚、パジャマや下着、タオルなどお風呂上がりに必要なものをまとめて収納できる棚などを、家族の暮らし方や使い方、物量に合わせて設えると、整理整頓しやすく、水まわりを気持ちよくすっきりと保てます。

6人家族の戸建リノベーションで、2階に広い水まわりを確保。洗濯機の上には洗剤などを置けるオープンな棚、その向かいの壁側には大容量の収納棚とアイロンがけや洗濯物をたたむのに便利なカウンターを設けた(札幌市・H様邸

リノベーションの際に、ランドリールームを洗面脱衣室と分けて設ける例もときどきあります。引き戸を閉めて個室にできるので生活感を隠しやすく、来客がある日でもいつもどおりに洗濯物を干すことができます。

マンションリノベで、独立したランドリールームを設けた例。デッドスペースに棚とカウンターを造り付けて、家事がしやすいよう工夫した

マンションリノベで、独立したランドリールームを設けた例。デッドスペースに棚とカウンターを造り付けて、家事がしやすいよう工夫した(札幌市・S様邸

「ウォークインクローゼット」内の造作棚

ランドリールームと同じように、多くの住まいで採用されているのが「ウォークインクローゼット」です。少し前までは寝室とセットでしたが、最近はそれ以外にも「ファミリークローゼット」としてランドリーを兼ねた洗濯脱衣室の隣に配置したり、寝室・子ども室それぞれの部屋からアクセスしやすい場所につくったりと、間取りにおける位置づけも変化しています。

ウォークインクローゼットは、壁付けの棚とハンガーパイプを組み合わせる造作棚が一般的ですが、お手持ちの衣類の量や収納の仕方は、ご家庭によってさまざま。空間の広さやかたちによっても設計は変わります。家づくりの際には、まず、物量の把握と自分たちの使いやすさを振り返ってから、ふさわしい衣類収納のかたちを検討しましょう。

寝室の隣に配した大容量のウォークインクローゼット。ハンガーパープの下に市販の引き出し収納を置くことを想定して設計。上棚の奥行きに合わせてドレッサーも造作した(札幌市・様邸)

寝室の隣に配した大容量のウォークインクローゼット。ハンガーパイプの下に市販の引き出し収納を置くことを想定して設計。上棚の奥行きに合わせて洗濯物をたたむ作業スペースも造作した(札幌市・I 様邸

夫婦それぞれに専用のウォークインクローゼットを設けた例。持っている物や収納方法に合わせて、さまざまな造作棚を組み合わせて構成した(札幌市・T様邸

豊かな家時間をつくる「書棚」

電子書籍が浸透してきてはいますが、「本の収納」も家づくりではまだまだ大きなテーマです。私たちが手がけるお住まいでも、規模の大小はありますが、書棚の造作を依頼されるケースが少なくありません。ともすると、ダンボールに入れたままで、どんな本を持っているのかも忘れてしまいそうですが、蔵書量に見合う書棚があれば、持っている本を把握できて、好きなときに好きな本が読めます。本を読むのにふさわしいチェアを置いたり、カウンターを備えたりすれば、家での時間もより豊かに過ごせますね。

リノベーションの際にLDKに間仕切り壁を立てて、造作の図書コーナーを設けた例。お気に入りの本を選ぶ楽しみが増える(札幌市・

リノベーションの際にLDKに間仕切り壁を立てて、造作の図書コーナーを設けた例。お気に入りの本を選ぶ楽しみが増える(札幌市・F様邸

数千冊という膨大な数の蔵書をわかりやすく整理できるよう造作した書庫。引き出し収納にはキャスターを付けて、出し入れがしやすいよう工夫している(札幌市・H様邸

空間を自分らしく彩る「飾り棚」

造作棚には「収納」目的のものの他に「ディスプレイ」目的のものがあります。お気に入りの雑貨やインテリアグリーンを飾る。それは、家での暮らしを自分たちらしく楽しむためにとても大切なことです。飾り棚でよく採用するのは、壁の厚みを利用した「ニッチ」。天井面に小さなスポットライトを仕込んだり、棚板をガラスにしたりして、置いた物が映えるような仕掛けもできます。また木組みのディスプレイ棚でも、背景になる壁紙の選び方でインテリア性が増します。

壁の厚みを利用した小窓やニッチが、暮らしの空間に彩りを添える(江別市・K様邸

ご主人が「立ち寄ったショップで見た本棚を家にもつくりたい」と要望し、造作したオープン収納。表情のある壁紙を張った壁を背後に見せることで、奥行き感を演出

「立ち寄ったショップで見た本棚を家にもつくりたい」というご主人の要望で造作した棚。上質なテクスチャーの壁紙を背後に張って仕上げ、インテリア性を高めた(札幌市・N様邸


目的や用途に合わせて適切に造作した収納や飾り棚は、暮らしの快適さや楽しみを広げてくれます。ただ造作することで位置が固定され、模様替えなどで場所を移動させにくいという面もあります。物や場所によっては置き家具にしたほうがいいケースもありますので、先々の使い方まで想像し、プランナーと相談しながら家づくりを進めてくださいね。

榎又 円香
profile
榎又 円香
Madoka Enomata
営業主任・設計プランナー
カラーコーディネーター