あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2021/08/10 - idea

暮らしを快適に!部屋別・役割別に見るさまざまな「造作棚」【1】

収納。それは家づくりの大きなテーマです。住まいの使い勝手や暮らしやすさを大きく左右する収納は、リフォームやリノベーションを機に、自分たちの暮らしに合わせてカスタマイズしたいポイントです。そこで今回は私たちがオーナー様のお住まいで手がけたさまざまな家具や造作棚をご紹介します。


「玄関」の造作棚

一日に何回も家族が出入りする玄関がごちゃつくと、なんとなく浮かない気持ちに…。既存住宅だと玄関が狭くて、物が玄関土間にあふれてしまう例も多く見られます。そこでリノベーションでは、ライフスタイルに合わせて間取りを見直し、玄関収納を広く確保できると、利便性が良くなります。

こちらのマンションリノベでは、「大容量の収納がほしい」というご要望も加味してウォークインのシューズクロークを配置。壁面を最大限に活用した造作棚に、家の内外で使う物をまとめて収納できるようにしています。

屋内外で使うものをまとめてきれいに収納できる。棚は、置く物に合わせて高さを変えられる仕様に(札幌市・S様邸

造作の大きな魅力のひとつは、空間の条件に合わせて工夫できることです。新築と違い、リフォームやリノベーションでは、すでにあるものの範囲内でしか手を入れられないことがあります。先の例のように空間を広げられればいいのですが、玄関まわりはそれができないことも…。その場合は、スライド式の収納を採用したり、既存の靴箱にちょっと手を加えて使いやすくしたり、アイデア次第で改善しています。

手前に、左右にスライドできる収納を設置して、空間を有効利用(札幌市・N様邸

建具や収納は基本的に既存のものをそのまま利用したが、玄関収納は、ベビーカーが収まるように、既存のシューズクローゼットの底板を加工した(札幌市・H様邸

「リビング」まわりの造作棚

リビングまわりでも、各ご家庭の使い勝手やプランに合わせてさまざまな造作棚が考えられます。例えばこのお宅では、リノベーションで生まれたデッドスペースを活用して、電話台を兼ねた収納棚を造作しました。中にコードレス掃除機と床用モップ、インターネットのルーターなどを置けるように設計していて、コンセントも備え付けました。これならフル充電された掃除機をいつでも気軽に取り出して使えますし、コードなどによる見た目のごちゃつきやほこり溜まりも防げます。

リビングの一角に、コードレス掃除機とルーターが収納できる家具を造作

リビングの一角に、コードレス掃除機とルーターが収納できる家具を造作。掃除機を収納しながら充電できるのが魅力。また複数の配線のごちゃつき感を無くせて、掃除のストレスも軽減できる(札幌市・Y様邸

コロナ禍で、家で仕事や作業をするケースが増えたこともあり、住まいにワークスペースをつくるプランが一般化しています。LDKの一角にワークスペースを設ける際のテーマになりがちなのが「独立性をどう保つか」。このお宅では間仕切り壁を建てて、リビングとワークスペースをゾーニングしました。

グリーン色のデザイン壁のリビング側・ワークスペース側の双方に、壁をくり抜くように横長の棚を造作。ワークスペースの壁側にも壁面収納を設けました。お気に入りをディスプレイするための棚と、生活に必要なものを機能的にまとめておける収納。快適なリビングに必要な2つの役割を、この間仕切り壁と壁面収納に集約しています。

飾り棚のある間仕切り壁で、リビングとワークスペースをゆるやかにゾーニング

飾り棚のある間仕切り壁で、リビングとワークスペースをゆるやかにゾーニング

ディスプレイ棚と大容量の収納棚が、リビングの快適性を高める(札幌市・K様邸

「キッチン」まわりの造作棚

キッチンまわりでも造作棚は大活躍します。まずひとつは食品、キッチンで使う道具や備品をストックしておくための棚。スペースに余裕がある場合はパントリーを設け、その中に壁面を利用した、棚板を可動できる棚を造作します。場合によっては、対面キッチンの並びに収納棚を設けることも。自由度の高い造作棚は、自分の使い勝手や置く物に合わせて棚の高さをカスタマイズできますし、収納に用いるストッカーの色やデザインで個性が表現できるのも楽しいですね。

左/アールにくり抜いた壁がかわいいパントリー。ストッカーを上手に活用して、使いやすく整理整頓(札幌市・F様邸) 右/対面キッチンの隣に食品のストックなどを置く棚を造作(札幌市・Y様邸

既存の建物に手を加えるリフォームやリノベーションでは、どうしても寸法が合わず、スペースが微妙に空いてしまうことがあります。収納にしたくても、既製品ではそこにぴったりハマるものが見つからない…というときの強い味方が造作。スペースに合わせて収納がつくれて、空間を無駄なく活用できるのも、造作棚の嬉しいポイントです。

冷蔵庫と壁の間にできた隙間にぴったりサイズの棚を造作。コンロにも冷蔵庫にも近くて、何かと便利(札幌市・Y様邸


今回ご紹介したのはごく一部で、他にも本当に多種多様な造作棚があります。リノベーションやリフォームの依頼先を探す際には、こういった「かゆいところに手が届く」工事をしてくれるかどうかも、確認してみてはいかがでしょうか。

榎又 円香
profile
榎又 円香
Madoka Enomata
営業主任・設計プランナー
カラーコーディネーター