あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2018/05/25 - idea

個性がキラリ!キッチンの収納棚

リノベーションにあたって、特にこだわりたいと要望が多いキッチン。これまでの不満を解消する絶好の機会で、使い勝手を改善するレイアウトや、色デザイン、設備の変更など考えることがたくさんありますが、たくさんのモノを置く必要があるキッチンでは「収納棚」も悩みどころです。そこで今回は、私たちが手がけたリノベーションの中から、オーダーメイドならではのさまざまなキッチン収納のパターンをご紹介したいと思います。

収納力たっぷり、すっきり隠す収納

 

お施主さまの希望を叶えるために造作した、オリジナルのキッチン収納。天井高までをめいっぱい使い、収納力抜群。清潔感のある白色の面材で、いつでもスッキリ美しいキッチンを保つことができます。カウンターのダイニング側にも収納やキャビネットがあり、使い勝手に合わせて収納場所が選べるのも便利ですね。

 

造作カウンター下の引き出しで、たっぷり収納

「限られたスペースの中でも、収納はできるだけたくさん欲しい!」という方は、こんな方法はいかがでしょう?こちらのお宅ではカウンター高を少し高めに造作し、その下に幅広の引き出しや棚を設けました。食器はすべてここに収納できます。

 

収納の高さやデザインを統一し、見せる収納をアクセントに

 

同じ材で造作して仕上げたカウンター収納と背面収納。カウンターは、キッチン作業台と高さを揃えたことで、より使いやすく。キッチン側とダイニング側の両面に収納棚を設けて、使い勝手に配慮しました。ダイニングテーブルも当社で製作し、より統一感のある空間に仕上がっています。背面収納の上に付けた見せる収納は、住まい手の個性やこだわりが表れるインテリアのポイント。

 

こちらは、マンションリノベーションでのコの字型のキッチン(パナソニックのL-CLASS)。コンパクトなスペースではありますが、作業台の下はすべて収納で、まとまった収納量を確保できます。このシンプルなキッチン空間のアクセントになっているのが、壁に造りつけた2段の棚。ワイングラスホルダーを付けて、見せる収納をスマートに実践しています。

家ごとに、レイアウトや広さなどの条件はさまざまですが、工夫やアイデア次第で、収納量と使い勝手とデザイン性のすべてを兼ね備えたキッチンをつくることができます。せっかくのリノベーション。今までの不便と不満を解消しつつ、個性がキラリと光る、満足のいくキッチン収納をつくりたいですね。