あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2022/03/23 - idea

使い勝手や間取り、暮らし方で検討。「ダイニング」のレイアウト

戸建てでもマンションでも、ダイニング・キッチンは、リノベーションで間取りを大きくつくり変えることが多い空間。最近は、家族団らんの時間をダイニング・キッチンまわりで過ごすご家庭も増えています。

ダイニングは、食事をする以外にも、お子さんの宿題やちょっとしたデスクワークなど、多目的に使われますが、家の間取りやLDKに割ける広さ、キッチンの向きなどによって、いくつかのレイアウトが考えられます。

そこで今回は、当社が手がける家づくりでもよく見られるダイニングのレイアウト例を、その特徴とともに見ていきましょう。


対面キッチンの向かいにダイニング

パターン①
テーブルをキッチンに壁付け

よく採用するレイアウトのひとつが、ダイニングテーブルを対面キッチンに壁付けするパターンです。一番のポイントは、省スペースであること。対面キッチン前の空間を有効活用できます。

またキッチンに立つ親御さんからダイニングにいるお子さんや家族の様子がわかりやすく、配膳や片付けがしやすいのも魅力です。

対面キッチンにダイニングテーブルを壁付けした例。華やかな柄のクロスが、ダイニング空間を明るく彩る(事例はこちら→札幌市・F様邸

ダイニング側のスペースにゆとりがある場合は、このお住まいのように壁に沿って収納棚をつくり付けると機能的で便利(事例はこちら→札幌市・A様邸

パターン②
テーブルをキッチンと離して配置

ダイニングのスペースにゆとりがあったり、通路を設けたほうが全体の動線がスムーズになったりする場合は、対面キッチンとダイニングテーブルの間の距離を取ってレイアウトするケースもあります。

このパターンのメリットは、対面キッチンのダイニング側に収納を組み込みやすいこと。ダイニングやリビングまわりで使う雑多な物をしまえる場所が確保でき、LDK空間をすっきりとした状態に保ちやすくなりますね。

対面キッチンとダイニングの間に通路を設けてレイアウトした例。ダイニングのスペースにテーブルセットがバランス良く配置されていて、ダイニング背面のワークスペースにもアクセスしやすい(事例はこちら→札幌市・Sさん宅

グレイッシュなトーンで統一されたダイニング・キッチン。造作収納とシステムキッチンは既存のもの。ダイニングには、北欧テイストの照明を新たに加えた

グレイッシュなトーンで統一されたキッチンと、通路を隔ててダイニングを配置。キッチンのダイニング側に収納が組み込まれていて機能的(事例はこちら→札幌市・N様邸

対面キッチンの横にダイニング

パターン①
ストレートダイニング

キッチンとダイニングを一体化させるように横並びにするレイアウトを、「ストレートダイニング」と呼びます。最近の家づくりで好まれるこのレイアウトの大きなポイントは、ダイニング・キッチンのコンパクトさと家事動線の良さでしょう。

「キッチンと横並びにダイニングテーブルを置く十分なスペースがある」というのが前提ですが、このレイアウトだと料理を盛り付けたお皿を、横移動だけでテーブルに置くことができます。またLDKのかたちによっては、リビングのスペースも確保しやすくなります。

マンションリノベでストレートダイニングを取り入れた例

シンクの水はねへの配慮と使い勝手を考え、キッチンとダイニングテーブルの間を小物がストックできる造作収納で仕切った(事例はこちら→札幌市・F様邸

パターン②
キッチンとダイニングの間に通路

LDKのレイアウトやスペースの広さによっては、横並びのキッチンとダイニングの間を空けて配置するケースもあります。こうするとダイニングの独立性が保ちやすいので、ご友人たちなどを招いて過ごすことが多いお宅や、ダイニングでゆっくりとくつろぐ時間を大事にしたいご家庭に適しています。

キッチンと通路を介して横並びにダイニングをレイアウトした例

ダイニングエリアの壁面を生かして収納を造作。キッチンと分けていることで、より独立性のある空間に仕上げた(事例はこちら→札幌市・A様邸

キッチンと少し離した明るく眺望に恵まれた窓辺に配したダイニングが、心地よい居場所になっている(事例はこちら→札幌市・N様邸


住まいの諸条件によって、ダイニングのレイアウト方法にも選択肢があります。リノベーションでは既存の状態に左右される面も多いですが、プランナーに相談しながら、建物と実現したい間取り、そしてライフスタイルに合ったかたちを検討してみてくださいね。

榎又 円香
profile
榎又 円香 Madoka Enomata
営業主任・設計プランナー
カラーコーディネーター
札幌市で戸建てやマンションのリノベーションをはじめ、住宅の新築やリフォームを手がけるSAWAI建築工房では、私のほか複数の女性プランナーが、ご家族のライフスタイルに合わせて、アイデアあふれる機能的で心地よいデザインの住まいをご提案しています。詳しくはこちらのホームページをご覧くださいね。