あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2017/11/10 - idea

実用的でオシャレ! 室内窓のいろいろ

前回はインテリアを素敵に見せる工夫の一つとして、お客様こだわりの室内ドアをご紹介しましたが、今回は同じくお部屋にアクセントを加えてくれる室内窓をご紹介したいと思います。

まずこちらは、マンションの廊下とキッチンの間に設けた小窓。細い黒色の枠が引き立つこの窓は、暗くなりがちな廊下の明かり取りも兼ねています。ちなみに写真右奥の洗面室の引き戸は、羽目板をデザインして製作しました。

キッチン側から見ると、こんな感じに。窓があることで、空間に奥行きが感じられます。

 

こちらの戸建てのお住まいのリフォームでも、キッチン脇の通路とホールを仕切る壁に、明かり取りの小窓を設けました。白色の四角い格子が可愛らしいデザインです。壁厚の分窓枠に幅ができるので、お気に入りのぬいぐるみや小物を飾ることができます。

窓ではないですが、このお宅ではキッチンの背面収納の扉も、つまみやチェッカーガラスなどディテールにこだわって製作しました。室内に統一感を持たせるためには、建具全般をトータルでコーディネートするのがオススメです!

「明かり取り」ということ考えると、他にも窓のパターンがあります。

マンションリノベで、リビングとワークスペースの間にある袖壁に、明かり取りの縦長の窓を設けた例。ガラスは入っていませんが、モールディングを使って飾り窓風に仕上げることで、空間を華やかに演出します。デスクに座りながら、外の景色を眺められるのもいいですね。

「ちょっとしたお部屋のアクセントも兼ねて」ということで、ガラスブロックを使うお住まいも多くあります。このお宅では、ドアやニッチなど室内の他の部分のデザインとのバランスも考えて、ガラスブロックを縦に5つ並べました。ガラスを通して、家事コーナーにいる奥さんの気配が感じられます。

ご覧いただいたように、同じ明かり取り窓でも、お住まいのテイストやお客様の好みによってさまざまなデザインが可能です。実用的で、インテリア性も高めてくれる室内窓。ぜひ効果的に取り入れてみてくださいね!