あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2017/08/09 - idea

素敵で、使える! あこがれのキッチンカウンター

リノベーションやリフォームを機に対面キッチンにする際、要望が多いのがキッチンカウンターをつくること。ちょっとものを置いたり、書き物をしたり、食事の準備のとき以外でも何かと重宝するカウンターですが、お客様の要望次第でさまざまなタイプのものをつくることができます。そこで今日は、私たちが手がけたお住まいを例に、いくつかご紹介したいと思います。

こちらの、スキッとした白色とタイル壁が素敵なカウンターは、下部に収納を兼ねています。奥行きをA4のファイルが入る寸法にしてあるので、雑誌やファイリングした資料など、リビングまわりに置いておきたいこまごましたものを整理して収納することができます。

続いて「見せる収納」を取り入れた、コンパクトサイズのキッチンカウンター。リビング側は、片側にだけ扉を付けています。カウンターの高さを作業台に合わせ、使いやすさに配慮しました。背面収納と合わせて造作したので、キッチン空間に統一感が感じられますね。

こんな風に、アールがかった形のカウンターをつくることも可能。カウンターはデザインや色、素材はもとより、設置する高さや奥行きなどによって、使いやすさや空間の印象が変わります。
こちらのお住まいでは、ご希望だったオープンで開放的な空間を実現するため、カウンター面の高さをあえて低めに設計しました。天板の曲線が、ゆったりとした雰囲気を演出してくれます。

キッチン側の目隠しを兼ねて袖壁を設ける場合は、こんな風にお気に入りのタイルを貼って仕上げるのもおすすめです。白いインテリアにグレー色のパターンが映えてとっても可愛い!

さらには、カウンター下部の壁をこのようにブリックで仕上げて、側面にグラスを収納するガラスケースを設けるなど、一口にキッチンカウンターといっても実にさまざまな仕上げ方法があります。

キッチンをリノベやリフォームする際には、どんなかたちが自分たちにとって一番よいのか、暮らしの中でどんなふうに使いたいのか、ぜひじっくり考えてみてくださいね。