あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2017/09/10 - idea

「アクセントウォール」で、ワンランク上の住空間を

壁は家の中でも広い面積を占めていて、お部屋の雰囲気を決める大事なポイント。無難で、なんでも合わせやすい真っ白な壁はもちろん美しいですが、壁の一面だけカラーを入れて仕上げる「アクセントウォール」を取り入れると、お部屋に表情が生まれて、より魅力的な空間をつくることができますよ。

例えばこのお宅では、リビング隣に設けたウォークインクローゼットの部分の壁だけ、グレー色で仕上げました。カーテンの色を壁に合わせてコーディネートすることで、お部屋に統一感が出ます。明るめのグレーは、どんな色にも合わせやすいのでオススメ!

寝室は、アクセントウォールが取り入れやすい空間。この壁紙はウィリアム・モリスがデザインした「ブラックソーン」という柄ですが、このような大胆で華やかなデザインのものでも、壁の一面にだけ使うと、その美しさを効果的に演出することができます。

子ども室も、アクセントウォールを用いるのに絶好の場所。「長い目で見ると、あまり可愛らしすぎるデザインの壁紙を使うのはためらわれるけど、白色じゃちょっと味気ないし…」という方は、こんな風に色で遊んでみてはいかがでしょうか? この写真のように、ベッドカバーの色とコーディネートしても素敵です。

「使ってみたい色や柄はあるけど、部屋の壁に使うのには勇気がいる…」という方におすすめなのは、トイレの壁。個性的なデザインの壁紙でも、使い方次第でこんな風にカッコよく仕上げることができますよ。


最近人気の北欧デザインの空間には、こんな感じのパステルカラーがよく合います。

好みの色やデザインに合わせた遊びゴコロで、ワンランク上の住空間を実現しませんか。