あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2022/03/28 - idea

愛犬との暮らしの工夫と、ホテルライクな水まわりのアイデア

今、SAWAI建築工房では、円山リノベーションモデルを予約制で公開中です。もともと事務所として使っていた一戸建てを、私たちがお客様にご提案している家づくりを実際にご覧いただけるよう、住宅として隅々までリノベーションしました。

▶円山リノベーションモデル ホームページ事例紹介(HPの実例へのリンクです) 

このモデルには、変化しつつある多様なライフスタイルに合わせた、さまざまなプランニングのアイデアや工夫が盛り込まれています。そこで今回は、そのうちの2つをご紹介しましょう。


「愛犬との暮らし」を楽しむ工夫

自由にペットを飼えるのは、持ち家ならではの魅力です。またすでにペットを飼っている方が自宅をリノベーションする場合は、それまでのペットとの暮らしで感じていた不便や不具合を解消する絶好の機会になります。

今回このリノベーションモデルでは、玄関からすぐのところに災害時に備えたストックなどがおける収納や小型犬が洗えるサイズのシンクを備えた多目的なバックヤードを設けました。

多目的な機能を備えたバックヤードを玄関の近くに設けた

多目的な機能を備えたバックヤードを玄関の近くに設けた

玄関の近くなので、散歩から帰ってきた愛犬の足まわりを洗うのに便利で、造作した洗面台の引き出しには、散歩用のグッズなどもまとめて収納することができます。

小型犬を洗うことができるシンクを設置

小型犬を洗うことができるシンクを設置

階段下のデッドスペースは、愛犬のためのペットコーナーを想定しました。天井が低くてこもれる、安心感のあるスペースになっています。またここはバックヤードともつながっていて、愛犬はトンネルのようにして自由に行き来することもできる設計です。

階段下のデッドスペースを、愛犬が安心して過ごせるペットコーナーに

階段下のデッドスペースを、愛犬が安心して過ごせるペットコーナーに

今回のリノベーションでは、バルコニーも広くしました。ダイニングと一体感を持たせ、セカンドリビングのように使えるこの空間は、愛犬が安全に遊べて、気分転換にも重宝しそうです。

眺望の良いバルコニーは、住まい手にとっても愛犬にとっても豊かな時間を過ごせる憩いの場所に

眺望の良いバルコニーは、住まい手にとっても愛犬にとっても豊かな時間を過ごせる憩いの場所に

非日常性を演出する、ホテルライクな水まわり

家は日常生活の場ですが、その中で少しだけでも非日常性が感じられると、ほどよい緊張感が生まれて家での暮らしがより楽しくなります。

非日常性を演出しやすく、お客様の希望も多いのが、ホテルライクなデザインの水まわりです。このモデルでは、寝室やランドリールームのある2階に配しました。洗面スペースは、壁に六角形の白いタイルをあしらい、ミラーの背面を間接照明で照らす造作仕様。

用いる素材や照明の演出の仕方を工夫して、ホテルライクな水まわりをデザイン

用いる素材や照明の演出の仕方を工夫して、ホテルライクな水まわりをデザイン

浴室は、間仕切り壁とドアをガラスにして、よりホテルライクな印象に仕上げています。水まわりに割けるスペースが広くなかったこともあり、ガラスの間仕切りには、空間の圧迫感を軽減して広く見せる効果も意図しています。日常のバスタイムが、ちょっと特別な時間になりそうですね。

ガラスの間仕切りにすることで洗面スペースと一体感が生まれ、コンパクトな空間の圧迫感を大幅に軽減できる

ガラスの間仕切りにすることで洗面スペースと一体感が生まれ、コンパクトな空間の圧迫感を大幅に軽減できる


リノベーションは、よりよい住まいにできるたくさんのポテンシャルを秘めています。円山リノベーションモデルでは、その実際の様子を直にご覧いただけますので、興味がある方はお気軽に見学をご予約くださいね。

★見学はこちらよりご予約ください→  円山リノベーションモデル 見学予約フォーム

榎又 円香
profile
榎又 円香 Madoka Enomata
営業主任・設計プランナー
カラーコーディネーター
札幌市で戸建てやマンションのリノベーションをはじめ、住宅の新築やリフォームを手がけるSAWAI建築工房では、私のほか複数の女性プランナーが、ご家族のライフスタイルに合わせて、アイデアあふれる機能的で心地よいデザインの住まいをご提案しています。詳しくはこちらのホームページをご覧くださいね。