あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2019/03/10 - idea

オシャレで、使いやすい!トイレの実例集

リフォームやリノベーションでは、「水まわり」に手を入れたいと要望されるお客様が多くいらっしゃいます。その中で「トイレ」は、家族みんなが毎日使い、家に遊びに来たゲストの目にも触れがち。デザイン的な心地よさはもちろん、掃除のしやすさや収納スペースの確保、手洗器の有無など、小さなスペースながら多方向から考える必要がある場所です。そこで今回は、デザインのバリエーションを中心に、さまざまなトイレ空間の特徴を見ていきましょう。

人気の「アクセントウォール」!

トイレ空間の演出として、私たちの家づくりで人気なのが「アクセントウォール」です。壁のひとつの面だけ、他と違う絵柄やデザインの壁紙で仕上げることで、雰囲気が明るく変わります。

こちらは、トイレの長手の壁面をアクセントウォールで仕上げたケース。淡いブルーの北欧テイストのデザインが爽やかな印象です。手洗器付きの便器で、カウンター・収納が一体化した省スペース設計なのも特徴です。

トイレの広い壁面の壁紙のデザインを変えたアクセントウォール

ブルーの模様の壁紙が、空間を爽やかな印象に

一方でこちらは、奥の壁をアクセントウォールで仕上げたトイレ。長手と短手のどちらをアクセントウォールにするかだけでも、印象がずいぶん変わりますね。造作した収納スペース付カウンターに、空間に合うデザインの手洗器を組み合わせました。最近は、トイレの手洗器の上にミラーを付けるお宅も増えてきています。

こちらは、トイレの奥の壁をアクセントウォールで仕上げたケース

細かい模様の壁紙を選ぶことで、全体的にシックなトーンにまとまっている

アクセントウォールのバリエーション

一言でアクセントウォールといっても、その手法はさまざま。例えば色味は同じながら、壁紙のテクスチャーで変化を加えるこのようなパターンも。さらには間接照明も用いて、心地よいトイレ空間をつくりました。収納スペースは写真正面の棚の両サイドに。小さな手洗器も付属しています。

質感を変えたアクセントウォール

テクスチャーが映えるアクセントウォール

壁の一部だけ、デザインや素材を変えて仕上げるという方法もあります。このお住まいでは、タンクレストイレの幅に合わせて、壁の一部を消臭や調湿機能に優れるエコカラットで仕上げました。優しい色の凹凸が、空間のよいアクセントになっています。ある程度トイレにスペースを割ける場合は、収納スペースや手洗器をより大きなサイズにすることもできます。

トイレの幅の分だけ、壁紙を変えて変化を

エコカラットで、デザイン性と機能性を兼ね備えたトイレ空間に

トイレのつくりによっては、壁の短手の上半分だけをアクセントウォールにすることも。真っ白なシンプルな空間に、黒の動きのあるデザインの壁紙を合わせることで、メリハリがあるスタイリッシュな雰囲気に仕上げました。トイレットペーパーホルダーや手洗器の水栓金具、タオルハンガーも黒なのがポイントです。

真っ白なトイレ空間に黒のコントラストが効いている

「床」をアクセントに、個性を演出

「床」のデザインを変えるだけでも、オシャレで個性的なトイレ空間になります。最近は手入れがしやすいうえ、デザインが可愛いトイレの床材も豊富。例えばこのお宅では、壁はシンプルに、床をエレガントで大柄なデザインの床材で仕上げました。広さはコンパクトですが、ブラケットを使って壁に収納棚を設置。個性が感じられるトイレになりました。

エレガントで大柄なデザインの床材で仕上げたコンパクトなトイレ空間

こちらのトイレの床は、外国のカフェにありそうな花柄タイル模様。壁をすべて淡いグリーンにすることで、床の模様の存在感が一層際立ちますね!

花柄が可愛いタイル床のトイレ

外国のカフェにあるような、花柄タイル模様が可愛い

北欧テイストのこのトイレは、アクセントウォールと床の合わせ技。写真の正面上半分の壁と床の色・デザインに統一感を持たせました。上の方には、造り付けの棚も造作。最低限の収納スペースと手洗器が備わっていて、機能的でもあります。

床と壁の色・デザインに統一感をもたせたトイレ空間

間取りによっては、このように洗濯室や洗面脱衣室も同じデザインの床材で仕上げると、空間に統一感が生まれます。水まわりの一角にトイレがあるお住まいに、おすすめです。

隣接するトイレと洗濯室に、同じデザインのクッションフロアを施工。こうすることで、空間を広く見せる効果も

タイルを使って、ひと味ちがうトイレ空間に

お施主様のなかには、こだわってトイレの壁の一面をタイル張りで仕上げる方も。広々としたナチュラルテイストのトイレに、淡いブルーのサブウェイタイルがぴったり合って、トイレにしておくにはもったいない(!)ような、素敵な空間になりました。壁の飾り棚と手洗器下の収納スペース、ミラーは同じ材でコーディネートして、まとまりを持たせているのもポイントです。

優しいブルーのサブウェイタイルが映える、カフェのようなトイレ空間

淡いブルーのサブウェイタイルが映える広々としたトイレ。将来身体が不自由になったときのことも考えて、洗面台としても使えるサイズの手洗器を設置した


トイレは、スペースが小さいこともあって、素材やデザインの冒険がしやすい場所です。収納などの使い勝手も踏まえながら、自分好みの個性的で遊び心のある空間を検討してみてはいかがでしょうか。