あしたが楽しみになるリフォーム&リノベーションメディア
2021/04/26 - column

【第2回】重要なのは、ライフスタイルに合わせたプランニング

築47年の中古マンションを購入し、SAWAI建築工房にリノベーションを依頼してくださったN様。納得のいく物件に巡り合った後は、いよいよプラニングが始まります。(前回の記事はこちら→【第1回】物件選びは、マンションリノベのはじめの一歩

そこで、マンションリノベ連載企画第2回は「プランニング編」。マンションの構造や、理想とする暮らし方や大切にしたい趣味など、N様のライフスタイルにしっかりと寄り添い、自分らしい毎日が過ごせる住まいを追求しました。そのプランニングの具体的なポイントをご紹介しましょう。


POINT-1
間仕切りのない大空間で、暮らしの動作をスムーズに

N様が購入した中古マンションは、3つの居室とダイニング・キッチンで構成された3DK。2方向から景色が楽しめる角部屋にも関わらず、窓のない居室もあって、このマンションのポテンシャルを活かしきれていない間取りです。

2方向から採光と眺望が得られる絶好のロケーション

2方向から採光と眺望が得られる絶好のロケーション

とはいえ、壁で仕切られていて窓がない部屋も

とはいえ、壁で仕切られていて窓がない部屋も

メゾネットタイプの賃貸で長く暮らしていたN様が、プランニングの際に最も重要視したのが、「暮らしの動作をスムーズにする」こと。その要望に加え、ひとり暮らしの想定でプライバシーへの配慮は最小限で済み、柱と梁のフレームで躯体を支える「ラーメン構造」により壁の取り外しが自由である、というこの2点を考え合わせて辿り着いたのが「仕切りのないオープンな住空間」でした。

そこで、トイレと浴室以外には建具のない玄関からひとつながりのワンルームで、約100㎡の広い室内に、窓からの光がくまなく届く開放的な大空間をプランニングしました。室内収納は1ヵ所に集約。扉の開け閉めも必要最低限で、暮らしの動作がスムーズです。仕切りなしで通気性がよく、空気の流れを遮断しないので冬場も室内がまんべんなく暖まるなど、快適さも大幅にアップするリノベーションプランです。

工事前のマンションの間取り

工事前のマンションの間取り。壁で部屋が細かく仕切られたつくり

間仕切り壁を極力なくしたオープンな空間をプランニング

N様のライフスタイルや要望に合わせて、間仕切り壁を極力なくしたオープンな空間をプランニング

POINT-2
趣味と実用を兼ね備えた、
広い土間玄関

もう一つ、リノベーションの注目ポイントがあります。それは「広い土間玄関」です。長い廊下と壁に阻まれて光が届かなかった玄関と玄関ホールを、サンルームまで伸びる土間空間へと刷新するプラン。車通勤のN様にとって気がかりだったタイヤの保管スペースにもなる、ゆったりとした広さを確保しています。タイヤ交換の際は台車を使えば、汚れを気にすることもなくそのまま外との行き来が可能で、使い勝手も抜群。アウトドアが趣味のN様のキャンプグッズ一式の置き場所やシューズボックスなど、収納空間の機能も兼ね備えています。

リノベーション前は、玄関に入ると正面に物置がある状態

リノベ前は、玄関に入ると正面に物置がある状態

プランでは、ここがサンルームまで続く土間空間になることを想定している

また、観葉植物や家庭菜園など「緑のある暮らし」を思い描くN様にとって、土間玄関は冬期間に植物を置く場所としても活躍する予定です。この広い土間玄関は、さまざまな面からN様の趣味を楽しむ理想の暮らしを叶えるための重要なパーツとなっています。

マンションの中に作業用の土間空間を設けた例

マンションの室内に趣味用の土間空間を設けた例

外と内の中間境域である土間は、何かと重宝する今注目の屋内空間

POINT-3
好みのインテリアを取り入れて、
自分の時間を楽しめる空間に

新築に比べて費用を抑えられる分、自分好みのインテリアなどデザイン面に予算を割くことができるのも中古マンションリノベのメリットです。

自分好みのインテリアなどデザイン面に予算を割きやすいのも、中古マンションリノベのメリット

もともとインテリアが好きだというN様。新居のリノベーションプランでは照明や金物にアンティークゴールドを取り入れたり、リビングにデザインウォールを設けて鹿の角を飾ったり、マクラメ編みのパーテーションでベッドルームを仕切るなど、こだわりを詰め込む予定です。ホワイト系を基調に洗練された雰囲気で仕上げるインテリアは、大きな窓から注ぐ自然光とも好相性に違いないと、今から完成が楽しみです!


こうして、N様の思い描く暮らしを叶えるリノベーションプランが完成。次はいよいよ内装を解体してスケルトン化し、プランをかたちにしていきます。果たして築47年の中古マンションはどのように変化を遂げるのでしょうか。N様宅の中古マンションリノベ連載企画は次回へと続きます。ぜひ楽しみにしてくださいね。

▼こちらも併せてご覧ください!▼

マンションリノベ連載企画 〜中古購入から完成まで
【第1回】物件選びは、マンションリノベのはじめの一歩

榎又 円香
profile
榎又 円香 Madoka Enomata
営業主任・設計プランナー
カラーコーディネーター
札幌市で戸建てやマンションのリノベーションをはじめ、住宅の新築やリフォームを手がけるSAWAI建築工房では、私のほか複数の女性プランナーが、ご家族のライフスタイルに合わせて、アイデアあふれる機能的で心地よいデザインの住まいをご提案しています。詳しくはこちらのホームページをご覧くださいね。